デザイン科/2学期も終盤です!

今回は、デッサン課題の様子とコンクール上位者の作品をピックアップします。


●夜間部 卓上デッサン
「秋」をテーマに自分たちで研究所内のモチーフ保管室からモチーフを選び出し、
卓上に構成している様子です。
普段は講師が組んだ大型静物モチーフを描くことが多い中で、
自分でモチーフを選び、美しく組むことからも、学べる事がたくさんあります。
これが案外難しく、みんな悩んでいる模様。。。
自分でモチーフを組むことで、課題の作り手の意図を読みとる力も身に付きます。

卓上デッサン


●デザイン科デッサンコンクール
コンクールの時は、制作途中のアドバイス無し、時間厳守で、
本番試験さながらのピリピリした空気の中で制作をします。
自分達がつけてきた力を存分に発揮してもらい、厳密な採点と順位付けをします。
今の自分の実力をしっかりと確認できる上、
極度の緊張感の中での制作を経験する貴重な機会になります。

左)1位/空間をとても大きく感じる作品。紙風船の描写も美しいです。
右)2位/すみずみまで気持ちが行き届いている作品です。
88点横山デッサン 87点伊藤デッサン

左)3位/鉛筆の発色がよく、迫力のある作品です。
右)6位/現役生ながら上位に上がった作品です。遠目の印象がよい作品です。
  描写の荒さは気になるところです。
83点横田デッサン 80点川瀬デッサン

採点基準は、ゾネ美独自の点数制で100点満点で採点します。

採点後の講評で気付いた自分に足りない部分を、次のコンクールに向けて磨き、
より高得点を目指してくださいね。