【 デ ザ イン 工 芸 科 研 究 課 題 】

11月もそろそろ後半です!
秋も深まり、朝晩はすっかり冬めいてきましたね。
生徒の中にも、ちらほらマスクをつけている子を見かけますが、
作品制作は、体が資本!体調管理には十分気をつけましょう。

さて、デザイン工芸科では毎年この時期に、研究課題を行っています。
研究課題は2課題選択制をとっており、
平面系からは「広告」
立体系からは「照明デザイン」のいずれかを選択します。


【 照明デザイン制作風景 】

b02.jpg b01.jpg

【 広告制作風景 】

b03.jpg b04.jpg

春から学んできた、もの作りの知識や経験の総まとめを、
入試対策課題に追われる前のこの時期に、じっくり行いました。


【 完成作品紹介 】

照明講評


北村照明

照明のデザインから。
(上)使用したのは1色の紙のみですが、電球を点ける事で沢山の色が生まれています。
電球の設置など、細かい作り込みまで工夫できました。
(下)ビックバンをイメージした作品です。トレペとミラーケントと紺色の紙によって
心地よい冷たさを感じる照明になりました。温かさを感じる照明が多い中で際立った作品です。




古田ポスター

広告作品から。
(上)JRを企業主に設定した広告。コピーと、イラストレーションの世界観が
希望と可能性に満ちていて、旅行に行きたくなる雰囲気の作品になっています。
(下)同じくJRを企業主に設定した広告。自分でデザインした文字と、
窓の外から飛び出して来る日本の景色のイメージから旅の楽しさが伝わってきます。



作品を作るという事は、自分ならではのアイデアや表現を人に伝えていく事です。
これから入試対策課題が増えていきますが、
この研究課題のように楽しんで作品作りをしてほしいなと思います。