2011年度 ゾネ美展REVIEW

大曽根美術研究所で毎年恒例となっていまる、自由制作展ですが、2011年度も、おかげさまで展覧会も無事終える事ができました。
年々来場者の方も増え、過去4年間でいちばん多くの方がきてくださいました。
足を運んでくださった方々、本当にありがとうございました。

2週間と少しの期間での制作でしたが、本当にみんな集中していて
みんなのがんばりと、熱意が伝わってきました!

講評

毎年、展覧会場では個々の作品のプレゼンテーションを
行っています。造る事だけでなく、作品を展示して
発表するまでも今後の勉強になっていくと思います。

入試対策とは違った経験が得られたと思います。

大東


亀


野田



鈴木「自由制作」



伊藤表彰
伊藤絵本

最終日には、表彰式が行われました。
ゾネ美展大賞、油画賞、デザイン工芸科賞、それぞれの講師による個人賞があり、
表彰していきます。
↑大賞・デザイン工芸科 昼間部生の作品
「三匹のこぶた」をリメイクした絵本作品です
浪人生という事もあり、非常に高い完成度をを感じる作品でした!

賞を決めていく上では、みんな本当によくがんばっていて、
決めるのも一苦労でした。
これからも切磋琢磨して、成長していってもらいたいです。

今月からは、推薦入試も近づき、
いよいよ入試も始まっていきます。
来週からは 切り替えて久しぶりのデッサン課題です。