FC2ブログ

夏の全科イベント!「あいちトリエンナーレ1日目」

8月20日〜21日は、あいちトリエンナーレの観賞イベントでしたー!!
夏期講習会も終了し、しばしの夏休みに入る前にトリエンナーレを観賞してきました。
受験科のみなさんはゾネ美展への刺激にもなると思っています!

観賞前にはトリエンナーレの「表現の不自由展その後」の取り上げられた問題や、公共空間への展示とはどうあれべきか、非常にトラブルや問題の多いスタートでしたね。さらには海外の作家たちが作品の展示引き上げを検討するなど、問題も多かったトリエンナーレでした。

しかし、受験生にとっても現代美術についていろんな意見を持って考えるよい機会だったと思います。
また政治的影響のある作品、そうでない作品など、美術の見方についても勉強になりました。

芸分センター

1日目のスタートは、愛知芸術文化センターから観賞。
メーンステージとなっているこの場所では一番多くの作品を鑑賞できました。

円頓寺・四間道

続いては廃ビルや空き店舗、野外等を使用した展示の、円頓寺〜四間道に。
非常におもむきのある空間でsる円頓寺周辺の作品は、美術館とは違った面白さがありました。
歩きながら作品を探す楽しみもトリエンナーレの醍醐味の1つですね。

名古屋市美術館

最後には名古屋市美術館へ。
今回の作家達の声明によって、メッセージを集める作品が、問題発覚後「メッセージを破り捨てる」というパフォーマンスに変わっていたりする作品もありましたね。

1日歩き疲れたとは思いますが良い刺激になったのではないでしょうか。

次のページでは2日目を紹介します!