FC2ブログ

デザイン科昼間部東京ツアー【一日目】


【東京ツアー】

毎年恒例の、昼間部東京ツアーに行ってきました!
今回も2日間で盛りだくさんの展示をみてきました。
暑い中大変でしたがいい展示ばかりで、9月のゾネ美展に向けてもいい刺激になったのではないでしょうか◎

夜行バスで名古屋を出発して朝イチで東京に到着。
まだギャラリーが開くまで時間があるので、代官山にある蔦屋書店へ向かいます。
ここには美術書や画集、デザインの本やそれにまつわるグッズなどがたくさん取り揃えてあって、何時間でも時間をすごせる場所です!これだけの種類と規模でアート関連の本が揃っている場所は愛知にはないので、東京に行った際にはぜひ立ち寄ってみて下さい!


DSC_0002_20190729113655901.jpg



DSC_0021_20190729113703cb3.jpg
↑開館時間が近付いてきたので、東京オペラシティへ移動します。

東京ツアーのはじめは、ジュリアン・オピー展!
IMG_2733.jpg


入った途端に、ズラッと並ぶ作品に圧倒されます。
大きさが想像以上で、色彩の美しさにも驚かされました。
風景画にもレイヤーごとに厚みがつけてあったり、線一本一本へのこだわりも素晴らしいです!
写真ではこの良さを伝え切ることが出来ませんが、1つ目の展示にしていきなり圧巻です。

DSC_0031_20190729115144c25.jpg
DSC_0027_201907291151441cd.jpg
DSC_0029_20190729113743bc2.jpg


人と比べると大きさがよく伝わると思います。かなり大きいです!



オペラシティので同時開催されていた、ICC展も見に行きました。
メディア系の作品がたくさん展示されています!
IMG_2750.jpg


ここでいったんお昼ご飯を済ませて、次の会場へと向かいます。
次はアド・ミュージアムで開催されている、TCC賞(Tokyo Copywriters Club)の展示です。
TCC賞とは、今年のCMやポスターなどの広告で、特に優秀であったコピーに贈られる賞です。

IMG_2771.jpg

展示もユニークで、ただ作品が展示されるというよりも、コピーの文字がならぶ面白い空間になっていました。
ここには常設展示として、広告の歴史を展示しているスペースがあります。
ディスプレイではカテゴリごとに過去の受賞作が閲覧できたり、歴史を作ったポスターなどが展示されています。
DSC_0063_20190729113742265.jpg


銀座へ移動して資生堂ギャラリーへ向かいます。
ここは資生堂パーラーに併設されたギャラリーで、今回は今村文さんという作家の作品が展示されていました。

薄い和紙のようなものに描かれた花が、繊細で非常に美しいです。

IMG_2782.jpg


DSC_0076_20190729123356f49.jpg

次の場所へ移動する最中に、去年の東京ツアーでみた宮永愛子さんの作品がディスプレイに展示されていました!
東京では、歩いているだけでアート作品が目に入ります。羨ましい!
IMG_2785.jpg


そしてgggギャラリーに到着。「田名網敬一の観光」展。
彼が半世紀に渡って創り続けてきた情熱の固まりのような展示でした。
絵画はもちろんのこと、今までに手掛けてきた色々なグッズも展示されています。
DSC_0088.jpg

DSC_0093.jpg

IMG_2797.jpg

最後は六本木ヒルズにある森美術館で開催されている、塩田千春「魂がふるえる」展。

DSC_0146.jpg

塩田千春さんといえば、糸で作り上げた空間の作品が有名ですが、それ以外にも初期の作品やドローイングなど、
彼女のルーツを知ることの出来る作品が多くありました。

DSC_0108_20190729113741e9c.jpg

DSC_0124.jpg

DSC_0144.jpg


森美術館の大きな空間のなかに張り巡らされた糸は、近付くと糸の絡み合いがみえ、離れると大きな1つの空間になり
見え方が重層的で美しいです。

一日だけでこのボリュームの展示を見て回ったので、ホテルにつく頃にはみんなヘトヘトでした。
個人でくるとこの量の展示を見て回るのはなかなかにハードだと思いますがよく頑張りました◎
次の日に備えてゆっくり休みます!