FC2ブログ

卓上デッサンあれこれ

デザイン科卓上デッサンコンクール

先日はデザイン科でデッサンコンクール(模擬試験イを行ないました!

今回の課題は卓上デッサンです!
モチーフが数種類、一人一択のモチーフが配布され、各自自分でモチーフを机の上にセッティングしてデッサンします。私立美大の入試によくある傾向のモチーフです。便宜上卓上デッサンと呼んでいます。必要なのはただ描くだけでなく、モチーフの質感や色合いなどを考慮したり、加工できる者は少し加工したり、ときには想定もチーフが加わったりしてきます。基礎的なモチーフをしっかりと描ききることも当然大切になってきます。


DSC_0048.jpg

DSC_0043_2019010918084855f.jpg

みんな真剣な表情で取り組んでいました。
基本的なでっさんであるからこそ、各自課題も見受けられる結果となりました。
描写の質に問題があるひと・・・
モチーフのセッティングに難があるひと・・・
様々ですが良い機会になったと思います!


モチーフの組み方って?そうすればいいの?

正解は1つではありませんが、強いて言うならば、
①モチーフの使い方に遊びごころを持って組むこと。
②同じ向きで並べたしないこと。
③隙間の綺麗さや、モチーフ同士の関係性が美しいかどうかを確認すること。
④上から見たりしてモチーフのバランスを確かめる。
⑤置く、乗せる、立てかける、横に置く、縦に置く、中に入れる、外に出す、などモチーフの使い方に違いを付ける。
などなど・・・

今回は特別にモチーフの組み合わせのバリエーションをご紹介していきます◎
あくまでほんの一例なので、ご参考程度に御覧下さい!


01_20190109180850d66.jpg

↑トマトをメインに据えたオーソドックスな配置。近景から遠景まで意識できている気持ちのよい構図です。斜めに置いてあるパスタが綺麗にみえます。パスタの立てかける角度を2通りにしてあるのも工夫が伺えます。緑のブロックテープも心地よく繋の役目を果たしています。モチーフを上空から見てみた時に同じ方向性や向きのモチーフ配置がなく、様々な空間や角度を意識して配置していることが伺えますね。



02_20190109180850c56.jpg

↑こちらはパスタのパッケージが生えるように組まれています。パスタを手前に持ってきた分、トマトは奥のケーキボックスの上に配置。限られたモチーフの中で上下の関係をしっかり作っています。床に全部おく感覚ではなく、乗せる・立てかける等モチーフ同士の関連性を重要視していますね。



03_2019010918084925e.jpg

↑緑のブロックロープをなんとかして主役に持っていこうとしているプラン、みんなおそらくトマトを前に持ってくることが多い中で、パスタや緑のブロックロープを全面に見栄えるようにしていることが個性的です。ただし奥の方に描きごたえのあるモチーフを集中させてしまっているのは少し難点かも。



05_2019010918084919a.jpg

↑ケーキボックスの中にパスタを入れたりして特徴を出しています。適当に組んでしまうとごちゃごちゃになってしまうモチーフですが、こちらは箱の中にモチーフを入れたりすることで、全体をスッキリ見せていますね。モチーフ同士がケンカしないという意味では綺麗な配置だと思います。難点は皆よりモチーフの要素が少なくなってしまっている点。



07_201901091808489ac.jpg

↑こちらも箱の中に入れるパターン、紙ナプキンを描けてあるのがおしゃれですね。箱の中の空間も美しく、かつパスタを中に入れるものと、外に立てかけるものとで違いを出しているのが完成度が高いですね。4番目の作品と同様、スッキリ見せるのと同時に、描きどころも減らしていない完成度の高い組み方だと思います。




というように、各自工夫して組んでいますね。
互いのモチーフが引き立てあうような組み方がよいかもしれませんね。



参考作品

今回の生徒作品の上位作品。

卓上デッサン参考作品