FC2ブログ

工芸科新設!対応大学の紹介ページ

工芸科で対応する人気大学一覧

工芸科から目指せる大学は?そんな質問にお答えします。
国公立の芸術専門の大学は東京藝術大学・愛知県立芸術芸大・金沢美術工芸大学・京都市立芸術大学などがあります。
すべての大学でデザイン科とは別に工芸の分野を設けています。愛知芸大のみ工芸という名前ではないですが、陶芸の分野もれっきとした工芸の分野です。愛知岐阜の陶芸産業が盛んな地域ということもあり陶芸に特化した専攻になっています。陶芸をやりたいという人にとっては良い選択でしょう。

その他の大学は、工芸科としてひとくくりになっていますね。
これらの大学は「金工(彫金・鍛金・鋳金)」「漆芸(漆工・木工)」「陶芸」「ガラス造形」「染織」などから自由に選択できるようになっています。いろいろな素材を経験してから決めたいという人にとっては、この「工芸科」と記載されている学科があっているかもしれません。国公立芸大の工芸科はデザイン科と比較すると非常に定員が少ないことが多いですね。デザイン科よりも倍率が若干下がる傾向にありますげ定員もすくないので難関なことには代わりありません。
一年間しっかりと造形力を高めていく必要があります。

工芸科対応大学

多摩美・武蔵野美術大学も人気の大学です。

少しややこしいですが、それぞれの大学が特徴をもって科を設置しています。

多摩美・工芸科
多摩美の工芸科は国公立と同じように工芸全般という意識で科を設置しています。デザインと工芸をしっかり区別し、工芸に特化した科になっています。

多摩美・テキスタイルデザイン
多摩美にはもう1つテキスタイルデザインという学科があります。テキスタイルとは「染織デザイン」のことと同じ意味です。多摩美は独立して染織系の分野に特化した科があるということですね。卒業制作展となどを見ていると学科名がテキスタイルデザイン」ということもあってか、純粋な染め・織の作品も当然ながら、他にも紋様デザインやグラフィック的思考が強い作品、さらにはファッション的志向の作品というように、工芸的染織からそれをデザインとして考え現代的な意味での工芸を追求していると個人的には感じました。

武蔵美・工芸工業デザイン
名前のとおり、この科にはプロダクトデザインをやりたいひと、工芸分野をやりたいひとが集まってきます。
立体が好きという人間が一同に集まる感じです。例えば素敵な木工家具を造りたいと夢を持っている人が、工芸として木工職人としての技術を磨くのか、発想や斬新さといったデザイン的思考から目指すのか迷うことも多いと思います。そんな人にとっては工芸からデザインの考えを幅広く捉えようとしているムサ美の工芸工業デザインはあっているかもしれません。

いろいろ分析しましたが、どの科にはいってもメインで授業で行なわれていることから、自分が自主的にいろんな素材に触れることは可能なので、あくまでご参考程度に◎

ゾネ美としては今年度からデザイン科とコースとして分離して工芸科のほうにも力を入れていこうと考えています。
立体や素材が好きな人はぜひ、初めて見ましょう。