FC2ブログ

幾何形態を粘土で成形する!

粘土成形の特訓開始!

工芸系の大学入試では、東京芸大工芸科/愛知芸大陶磁専攻/広島市立大学デザイン工芸科など
多数の大学で粘土立体の課題が課せられます。
実際に粘土の課題が無くても、大学では土を触ったり、陶芸をしたり、木工・金属など様々な素材に触れて立体作品を制作していくので一番大切な授業になってきます。

DSC_0023.jpg

今日は手始めとして、粘土で幾何形態を整形する演習を行いました。

DSC_0051_2018110620555615f.jpg

始めは手で粗造りをしながら、徐々にへらでならして、最後は三角定規などを使用して平坦な面を出していきます。
今後も最重要になってくる基本技術です!