FC2ブログ

藤森照信+デンマークデザイン展

デザイン科夜間部「春の美術館ツアー」

春の研修は近場のスポットを利用しました!
普段皆は平面的な作品には触れていますがなかなか立体作品をしっかりと目にする機会は少ないみたいです◎ そこで今回は多治見の現代陶芸美術館で開催中の「デンマークデザイン展」と同じく多治見のモザイクタイルミュージアムに行ってきました!

モザイクタイル01

まず現れたのは大きなかわいい土の壁!!
ここがモザイクタイルミュージアムです。この建築はラ・コリーナなどでも有名な自然との共生をテーマにしている建築家・藤森照信氏の建築です。建築というと固いイメージを抱いてしまいますが、みんなもこれを見て空間デザインや建築デザインにも少し興味を持ってくれると嬉しいですね。

モザイクタイル02

モザイクタイル03



続いては現代陶芸美術館で開催中のデンマークデザイン展へ。
ここではデザイナーなら必見の往年の北欧デザインの巨匠たちのインテリアや家具が満載でした!

デンマーク01

デンマーク02


館内撮影禁止でしたが最後の部屋のみ撮影Okでした〜
実際に座ってみたりできます。

デンマーク04

デンマークデザイン03

アルネ・ヤコブセン・・・
ヴェルナー・パントン・・・
ロイヤルコペンハーゲンの磁器・・・
クリント・・・
フィン・ユール・・・
ヴェルナー・パントンなどなど

良い勉強になりました〜
それにしてもデンマークという小さい国から、素晴らしいデザイナーたちが輩出しているのは凄いことですね。
自然美を大切にしながら、実用や、新しいインテリアへの考えを加えていく。
昨年度は愛知県美術館でフォンランドデザインをやっていたり、長久手にはIKEAができたりと、なにかと北欧家具を目にする機会が多いですね。
近場でも非常に有意義なものを見ることが出来ました◎