4月はまずはデッサンから

すべての基礎はデッサンから

4月のデザイン科はまずはデッサンの基礎的なことを強化していきます。
石膏デッサンを通じてクロッキー力を上げていきます。h石膏デッサンでは表面的にものを見るのではなく、石膏像の持つ構造や骨格、全体を捉えながら大きな空間や量感の意識を持ってプロセスを踏んでいく事が大切です。
まずは1hクロッキーなども行い、全体的なスケッチ力を上げていきました。

夜間部石膏プロポ

↑プロポーションにこだわってたくさ形を直す事が大切ですね。


石膏粗造り

↑細かい情報よりも、まずは大きく量で捉えていきます。


夜間部石膏風景

↑こちらはデザイン科夜間部・工芸科夜間部合同での制作風景

昼間部石膏かべ

↑昼間部の作品。1週間経つと気になるところが見えてきたりしますね。

石膏デッサンは東京芸大で主に出題されますが、春はやはり愛知芸大・金沢美大・多摩美ムサ美など関係なく、見方の強化のため全員で石膏を行いました。