総合美術科 手のクロッキー

初めてづくしの春も過ぎ、デッサンや色彩表現など皆で一通りの経験をしてきました。

それぞれの制作の良いところ、改善したいところが見えてきたところで、もう一度基礎の確認です。

今回は自分の手をモチーフに、短時間で正確に形を捉える「クロッキー」制作をします。
総合手0614

鉛筆だけでなく、筆ペンやチャコールペンシルなど、いろいろな描画用具を使う事で、自分の手が持っている「線を引く感覚」を探します。筆圧を変えると面白いですね。

デッサンは、どう描くか? よりも どう見るか? が大切です。

自分の手は、一番身近なモチーフですから、これからも時間を見つけてはクロッキーを続けてほしいです。
たとえ忙しくて描く時間がなくても、いろいろなポーズの手を観察するだけでも見る力が育ちますよ


クロッキー力がついて短時間で形を掴めるようになると、私大入試などでよく出題される3時間デッサンが、余裕を持って本当に楽しく制作できるようになります。