12月23日からはいよいよ冬期講習会が始まります!
10月〜12月にかけての推薦入試の結果も出そろいました◎
愛知芸大デザイン専攻自己推薦 5名合格、金美大/筑波大など国公立大学の推薦入試でも好成績が出ました。
皆よく頑張りましたね◎ おめでとうございます!

推薦入試では、実技や学校のでの成績、一般とは違う特徴はなんといっても「面接」を採用している大学が多い事です。実技の習得に加えて、人柄やプレゼンテーション能力、今後やりたいことへのイメージを強く持っている人が選ばれる傾向があります。ゾネ美では日頃のプレゼンや、自由制作などから得られる「アーティスト・デザイナー」としての考え方を年間と押して大事にしています。その結果が実ったのだと考えています。

●愛知芸大デザイン専攻自己推薦詳細
大学倍率<出願50名→一次22名通過→最終合格9名>
研究所倍率<出願7名→一次全員通過→最終合格5名>

2017推薦入試速報ブログ

●愛知芸大デザイン専攻自己推薦とは?
他の推薦入試とは違い、「ポートフォリオ(作品ファイル)」を提出し、2次試験では自己アピールや質疑応答などの面接を行なう試験です。デッサン色彩立体以外の力や今まで活動してきたことを、どれだけアピールできるか、また自分の個性をアピールできるかが鍵になってきます。
ゾネ美では「ゾネ美展」「自由制作」「パッケージなどの研究課題」等入試以外の作品実績もおこなっていますので、自然にこの入試に入っていく事ができます。
一年間の授業の中に「自分の活動」と「プレゼンテーション能力」を培う授業をおこなっていきますので、年間生に限り自己推薦の対策は日常でおこなっているものといえます。
*外部生向けの自己推薦オンリーの対策講座はおこなっていませんので、ぜひ年間でデザイン科を受講してください○

過去の実績(大学定員10名前後)
2017年度→5名 2016年度→1名 2015年度→2名 2014年度→2名 2013年度→1名 2012年度→3名
2011年度→5名 2010年度→5名 2009年度→4名 2008年度→2名 2007年度→3名 2006年度→2名

12年間の自己推薦の大学定員総数・約120名中→ゾネ美生は35名!(約3割はゾネ美生)
毎年安定して好成績を挙げています。


次は一般入試に向けて頑張っていきましょう!