デザイン工芸科「定点観測」②

東京芸大コースでは色彩の特訓を行っています。

特訓といってもただ課題を反復するのではなく目的意識を持って課題に取り組んでいます!

まず行ったのは「1週間だけ日本画専攻になろう」ということで静物着彩を透明水彩で制作しました。
モチーフ構成でも描写は入ってきますが、あくまで構成の一部なので、このようにがっつり描く機会がありませんでした! みんな初めてではありましたがなかなかの対応を見せてくれました。
アクリルで描くよりも「より深みのある色彩」「静物としての空間の捉え方」がよくなったと思います。

着彩風景ブログ

モチーフ

着彩

左が昼間部の作品 右が夜間部の作品です。よく頑張りました。


着彩後はそれぞれ「花モチーフでの構成」「過去の出題からの課題」を行いました。
左の作品は夜間部せいで、非常に花の描写が繊細で美しく描かれています。これに構成力や発想も加わってくるとよいですね。
右の作品は昼間部生の作品。課題は昨年度の出題から「炭・水・ビーカー・段ボール」のモチーフです。

平面構成


制作

細川色彩


これからの3月に向けてはあっというまです。秋のうちにいろんなものを見て、力を付けて欲しいですね。