秋のギャラリーツアー

先週の土曜日は講評後に、ゾネ美OGである柏原真美子 さんの展覧会に行ってきました。
GALLERY IDF
ちょうどご本人がいらっしゃっていたので作品を見た後に質問などをさせていただいて、皆で興味深くお話を伺いました。
以前の展覧会の時にもたしか同じような光景が、、、いつも丁寧に対応していただいてありがとうございます。
キラッキラッっと三角が輝くような印象の展覧会でした。

idf1.jpeg

idf2.jpeg

そしてお隣のスペースでは他の作家さんたちの焼き物やガラスの作品などを拝見して、さらにいろいろな質感を味わいました。


その後、OBでもあり昨年までゾネ美の講師をやっていただいていた木全佑輔さんの個展を見にギャラリーMさんへ。
GALLERY M

gm1.jpg

体がすっぽりつつまれるような大きな作品が展示してあり、ギャラリーの広い空間の中でとても存在感がありました。ドローイングと作品、どのように描いていくのかプロセスもぜひ見てみたいですね。

gm2.jpeg

近くでじっくりと見ていくと、制作している人の感覚やリズムが絵の具をとおして見えてきますね。うーん、様々な工夫をして画面上に絵の具を定着させているのがよくわかりますね。

gm3.jpeg
目の前で作品を拝見しながら、その絵について考え会話するという、楽しくて良い経験でした。
先輩のお二方、とても勉強になりましたー。ありがとうございました。