油画科 夏期講習も後半戦!

早いもので全4週間ある夏期講習も後半戦に入り、残すところあと1週間ほどとなりました。
第1週は素描、第2週は油彩の基礎を固める為の制作を行ってきました。

そして第3週はその応用としての愛知芸大入試を意識した課題に入り、その後生徒各自の進路や習熟度に合わせた個別課題週間に入っています。



(金属モチーフ)
DSC_8270.jpg
観察すればするほど、様々な現象を拾う事ができます。その現象をきっかけとしていかに自己表現できるかが要となります。



(愛知芸大二次対策課題)
DSC_8660.jpg
ミラーシートが貼られた板の前に水の入った水槽が置かれたモチーフ。
こちらもミラーシートや水のゆらぎや反射、光の屈折など絵のきっかけとなるポイントは豊富。



DSC_8661.jpg
DSC_8664.jpg
ただ見えたままを再現するのではなく、自分なりに咀嚼し表現へと昇華させる必要があります。



入試ではあります。そのための訓練ではあります。


しかし、それをいかに創造力のゲームとして楽しめるか?
DSC_8667.jpg
これからの長い作家活動をひとつのスポーツ競技に例えると、入試まではそのための準備運動や筋トレみたいなものかも知れませんね。