デザイン工芸科/4月の課題紹介②

今回は線表現による平面構成の課題を紹介します!


●線表現による平面構成

この課題では、線の重なりによって見えてくる様々な視覚効果を発見するのと同時に、溝引きやカラス口を用いた線表現の技術を習得することを目的にしています。

何層も何層も線を重ねることで思いもよらない深い色味が表現できたり、線の太さをミリ単位でこだわったり等、「遠目の判断」と「近目の精度」が必要になる課題です。

0429線表現05

0429線表現06

この課題で道具に関する問題点はクリアし、作品のイメージや見せかたについての話が出来るようになると良いですね!