デザイン・工芸科/コンクール前半戦

12月に入りデザイン・工芸科ではコンクールを行いました。
数回にわたって行うことで総合得点を出し、順位付けをします。

今回はそのコンクールの前半戦を紹介します!


■第1回 静物デッサン

やはりすべての基本はデッサン力です。
短い時間の中で光の印象や空間を描き出していきます。
この日のアトリエは光がとてもきれいでした!

デッサンコンクール01

■第2回 色彩構成

浮遊感をテーマに制作しました。
コンクールでは毎回講師が1つ1つの作品を比べ、慎重に順位付けを行います。

色彩コンクール02

■第3回 立体構成

立体構成ではケント紙と赤い水引・毛糸を用いた立体を制作しました。
短い制作時間ですが、その短さを感じさせないクオリティの高い作品が上位を占めました。

立体コンクール


普段はそれぞれの作品の良い所、悪い所を指摘していきますが、受験となるとやはり総合力が重視されるのでこういった順位付けはとても大事です。

試験本番を想定して気を引き締めて制作しましょう!