基礎科中学生 初めての立体!

基礎科チャレンジ第2弾  野菜、果物の模刻です。

今回は立体課題ですが、デッサンの勉強の一環として取り組んでもらいました。
しっかり観察することが大事です。どこまで本物に近づけるか、限界に挑戦

0519模刻1

りんごの基本形態について知り、日なたと日影の成長っぷりの違いを見つけ、自分の選んだりんごにそっくりになるよう作り込んでいきます。見事な集中力


0519模刻2

こちらはかぼちゃに挑戦 種やかぼちゃ独特の繊維質まで、まだ色をつけていないのにリアルすぎてこわいくらいの出来です〜



翌週、粘土が乾いてから着彩していきました。初めてのアクリルガッシュ絵の具での色づくりです とにかく初めてづくし〜

0526模刻着彩

りんごの色は、赤色だけではでないんです。いっぱい色を混ぜたり重ねたり、塗りすぎて拭き取ったり・・・ 乾かしたはずの紙粘土が溶けてきたり・・・ とにかくもう、悪戦苦闘の四苦八苦です  でもそれが大事なのです  頑張れ〜






はいっ  できあがりっ

0602模刻完成

制作後、それぞれが使ったモデルのりんごの違いが分かるくらいに、よく見てよく考えた2週間でした

模刻と同時進行した基礎科チャレンジ第3弾「写真模写」も力作ぞろい 鉛筆の表現も豊かに増えてきています

6月も、元気よくいきましょう〜