デザイン科・工芸科 夏期講習大学別 色彩

●色彩 大学別夏期講習も終盤。大学別で課題を行っています!ゾネ美OGで多摩美術大学在学中の細川先生にみっちり指導していただきました◎▲工芸科の加筆指導・デザイン科制作風景▲塗りやレタリングはキッチリと。精度大切です。▲浪人生中心に、今後の方針の相談。+講評風景。夏期は普段とは違う先生や、OBOGに会える楽しい時期でもあります。残り少ないですが、最後まで張り切っていきましょう◎...

デザイン科 夏期講習 紙立体

●紙立体夏期講習も半ばまできました!今日から立体週間です。本日は紙立体に挑戦しました◎課題は「固い・柔らかい」の違いの面白さ。素材は「白ケント紙・ボール紙・黒紙・ユポ紙」です。初めての人も多いため、素材の違いを体感してもらう意図もあります。経験が浅いながらも、夜間部も予想以上に対応できました◎この調子で頑張りましょう!...

デザイン科夏期講習初日!

今日はデザイン科の夏期講習初日でした。打ち上げ以来の久しぶりのゾネ美、そして久しぶりの静物デッサンですが、みんな真剣に描いています!夏期講習で集中的にデッサン、色彩構成、立体構成といった受験に必要なスキルを上げていきます。まだ始まったばかりです!目一杯頑張っていきましょう◎...

デザイン科 自由制作

●デザイン科 自由制作ゾネ美デザイン科では、通常の受験課題に加え、いろいろな制作をおこなっています。一学期終盤は、自由制作です。テーマから素材、見せ方まで全て自身で決めて取り組みました◎昼夜間部ともに、作品制作に没頭し1週間でした。暑い中、お疲れ様でした!一部作品と、制作および講評風景のご紹介をします。○立体系作品手紙+包む パッケージの提案▲本来平面状のレターセットに立体性を持たせた作品。 仕上がり...

久々のデッサンです!

色彩や粘土の特訓が一段落し、夜間部は久しぶりにデッサンを行っています!花や石膏像など、よく観察をしないと形がとれないモチーフです。夜間部にとって久しぶりのデッサンですが、みんなしっかり色がのせられています!完成までしっかり頑張りましょう◎...

デザイン科昼間部 モチーフ構成 特別課題

●モチーフ構成昼間部では、一学期ということもあり、遊び感覚でモチーフ構成やってみました。モチーフは、①自分で採集した植物②レオパ(写真資料)③紙テープ④ボルトナット⑤サザエです。作品①作品②作品③あまり描かないモチーフで制作するのは新鮮になれて良いですね◎...

デザイン科 粘土

●粘土立体デザイン科、先週は昼夜間部共に粘土でした◎【夜間部】夜間部は初めての粘土立体なので、まずは立方体の制作を通して、基本的な技術を習得します。その後、立方体を3分割し、パーツを美しく構成。模刻の練習として、「ゴルフボール」「サザエ」も制作しました◎▲制作風景と秀作【昼間部】昼間部はほとんどが経験者です。今回は「水風船」「ロープ」を用いて「重さ」を表現する課題です。▲久々の粘土とあって、面白い表現...

デザイン科 タイポグラフィ課題

●タイポグラフィ課題デザイン科恒例、タイポグラフィ課題週間でした!ゾネ美では一般的な「タイポグラフィ」という言葉の域を超えて文字としての絵、絵としての文字、を制作する感覚で行っています。今年のテーマは昼夜間部統一で「空想科学」。デザインの体力と思考力を上げるとても重要な課題です。▲とにかく言葉でも絵でも、アイデアを出します。▲秀作壁一面をアイデアスケッチで埋めた光景は毎年圧巻です◎デザイン科本当にお疲...

デザイン科昼間部 細密デッサン

●細密デッサンデザイン科昼間部では、毎年恒例の細密デッサンを行いました!「見方」と「描写」両方の質を上げます。もちろん、テーマ性を持ってモチーフ選びや光の演出を行い、ひとつのデッサン作品を制作する課題でもあります。▲木肌の細部に迫っています。▲自分でライティングしたり、自然光を採り入れたり。▲現象そのものを描いている人もいます。これだけ長い時間をかけて、モチーフの表情を細かく追える時間は案外一学期くら...

夜間部 透明感の表現 最終日です!

色彩構成特訓【透明感】毎年恒例の「透明表現・ダブルイメージ」頑張ってます◎夜間部は、色使いや形、色面で構成する力をどんどん習得していく必要があります。色面を重ねてできるグラフィカルな美しさを習得していく課題です。写真資料をもとにトレースし、色を塗っていきます。▲色面をひたすら埋めていきますネガとポジの練習でもあり、色彩構成の基本を学ぶ大切な課題です!明度・彩度・色相を理解して使いこなし、自由に色が使...

デザイン科 細密着彩

●細密着彩デザイン科昼間部、細密着彩を行いました◎白バック/黒バックを設定して、空間的に描く練習です。▲異なるのは背景のみ。モチーフも構図も光も、同一設定です。▲プロセス反射光をよく見て、空間との親和性を意識しながら色を選ぶことが、デッサン的に描くということです。浪人生は意外にも基礎が欠落していたりします。このような練習課題で、確認していきましょう◎...

今年度初色彩「基本が大事」

四月のデッサン特訓が終わり、色彩構成の特訓が始まりました。改めまして、今年度から学生講師に加わった伊藤です◎この課題の目標は、①べた塗り、溝引き、カラス口の習得②重ね色による線の美しさ③密度のある作品を集中力を持って完成させることです!仕事があまりにも汚い生徒はいませんでした。今年度の生徒には期待できそう???...

デザイン科 1学期始まりました!

●デザイン科1学期スタート受験シーズンが終了し、昨年度の生徒も晴れて大学生です。見届けるのもつかの間、新学期始まってます◎今年は大人数でのスタート。賑やかなアトリエです。【昼間部/静物デッサン】▲みんなでモチーフを組み上げて静物デッサン。春は、最も大切な土台、「デッサン力」を伸ばせる時期です。ゆっくりと着実に、見方と描写を鍛えましょう◎【昼・夜間部合同/リンゴのデッサン】▲「デッサン的に形態を表現する...

愛知芸大試験まで残り2日です!

デザイン科近況報告です◎国公立の試験も残す所、愛知芸大のみとなりました。デザイン科試験まであと2日です!制作中のアトリエでは皆の緊張感が伝わってくるようです。紙立体の優秀作品を今日は紹介したいと思います。課題:「組む」をテーマに素材を活かした美しい立体をつくりなさい。それぞれの作品、接着無しの状態ですがフォルムの美しさと立体の安定感、大きさがとても伝わる秀作です。ここ数年、愛知芸大は立体は紙系課題...

デザイン科 色と形の体操

色と形の体操直前講習真っ只中です。デザイン科では4日間、午前の時間を使って、短時間で小さな色彩構成を描く特訓を行いました◎この課題はゾネ美オリジナルの課題です!「色と形の体操」として、テーマとなる言葉を元にグラフィカルな造形を感覚的に生み出します。大切なのはテーマに対していかにシンプルに視認性の高いグラフィックを提示できるかです。また、そのための制作スピードや思考のスピードを頭で考える行為ではなく...

金美生紹介ゼミ〜横山さん〜

直前講習会中のゼミの紹介入試直前はどうしても試験に向けての時間対応や忙しさで、ついつい固くなってしまいがちですが、たまには息抜きもと・・・・、直前にも関わらずゼミを行いました。今回は金沢美術工芸大学4年生の横山茜さんに来ていただきました!浪人時代の作品や金美でも制作、卒制や就活のお話も聞くことが出来ました。イラストレーションやグラフィックを中心に制作している彼女の仕事は非常に充実感があり、皆も興味...

デザイン科コンクール表彰式

デザイン科では毎年コンクールを全10回〜15回、秋から1月にかけて行っています!コンクールの意義は試験状態で制作をすることに慣れていくことです。朝は研究所の外で待機し、くじ引き、入室と・・・試験に近い状態で制作します。これが以外と大切で、時間の意識や道具の忘れ物など準備を怠っていると、とたんにいろんな所でミスがでます。内容も国公立や私立大学など様々な課題に対応するために、いろんな課題を出し力を発揮して...

大学別対策などなど

直前講習会もいよいよ始まりましたね!こちらは金沢美術工芸大学 製品デザインの二次試験の入試問題です。この学科ではプロダクトを実際に考え、スケッチして提出するという実際のデザインの思考プロセスに近い仕事が要求されます。デッサンが上手いだけでなくアイデアの面白さや、身近な製品への構造的理解、人にとってどうやったら使いやすくなるのか、そういった考えが必要になってきます。ゾネ美ではこのように直前はグループ...

年明けの立体コンクール!

今回のデザイン科の課題は「パスタ」でした!!!パスタのみで構造立体をつくり、「レモンを美しく成立させる」というテーマでした◎普段は紙などの素材を使用して制作する事が多いのですが、今回は少し楽しんでもらうためや、構造という概念について学んでもらおうとこの課題にしました。大量のスパゲッティーが準備されてますね。制作風景。想像以上に力作が・・・・・受験に出るかと言ったらおそらく出ない問題ですが・・・・対...

▶︎ゾネ美昼夜間部コンクール毎年冬期から入試直前講習会にかけて、ゾネ美ではコンクールを行っています。入試と同じく作品の採点を行い「素描」「平面」「立体」「学力」の4つの総合得点を競います。入試を目前にしたこの時期に、自分の実力に向き合うことができる良い機会です。本番同様の緊張感を持ち、コンクールの制作に全員が取り組んでいます。【素描】渡されたモチーフを自由に組み、卓上デッサン。【平面】円弧を使った任...

立体研究(立体の伸ばし方・2学期研究課題総集編)

立体ってどんな研究をしたら実力を伸ばせるの?生徒からも非常に多い素朴な疑問です。描きながら覚えていくのではないので、360°の立体感覚になれていくことだと思います。ゾネ美ではこの時期あまり受験課題をやりません。どういうことをしているかと言うと、主に「アイデアの考え方」「いろんな素材に触れる」「基礎的な演習」などなど。今回は2学期に行った立体演習をご紹介します。「立体を始めるにあたっての教科書」です。フ...

【夜間部/東京ツアー】

▶︎夜間部秋の東京ツアー日帰りで秋の夜間部東京ツアーでした◎「蔦屋書店→宇宙と芸術→デザインの解剖→トラフ展→クリスチャン・ボルタンスキー」と6カ所、1日歩き回って沢山の展覧会とギャラリーを巡ってきました。夜間部にとっては初めて行く場所であり、展覧会の規模や作品スケール等、なかなか見る事が出来ないものばかりでとても貴重な1日であったと思います。インターネットやSNS上で沢山の作品を目にする機会はありますが、...

11月/色彩演習

【11月/色彩演習】色彩演習の課題について紹介します。11月前半はもう一度基礎に立ち返り、色彩の基礎的な表現を学びました。質感表現、イメージ構成、幾何構成、レタリングと平面構成のスキルアップに夜間部が奮闘してくれました!【質感表現】コロナビールとダイヤモンドの質感をモチーフに平面構成。瓶の立体感や歪み、ダイヤモンドの反射や光。色面でどう面白く、または美しく見せることが出来るか、モチーフの質感に向き合う...

色彩模写(永井一正・田中一光)

秋期恒例の、巨匠ポスターの模写課題です。去年に引き続き「永井一正」「田中一光」のポスターの模写作品を制作しました。▶︎昼間部/永井一正永井一正氏のポスターは色彩の独特さ、生物や植物の線描が特徴的です。微量に絵の具を足しながら何度も色を調整したり、カラス口を使って線描を細部まで描き込んだり、目にするよりも自分で描いてみると作者のこだわりにより一層の理解が深まります。さすが昼間部、かなりの精度で仕上げて...

夏期講習会・紙立体週間!

いよいよ紙立体週間に入ります!イメージをデザインして形に表すことでは色彩となんら変わりはありません。ただし360°の意識が持てるかは違ってきますし、素材の特性をよく観察して制作することが大切になってきます。まず夏期講習会1課題目はシンプルに「風」をテーマに制作しました!2課題目は少し応用が入り、紙素材以外の素材を付け加えてチャレンジしました◎白と黒のケント紙と軽紙粘土を加えて立体制作というすこし難易度の...

OBOG紹介ゼミ イラストレーション編

8月20日はイラストレーションに特化して、お二人の作家にお話をしていただきました!まず一人目はイラストレーターとして活動している河合真維さん!彼女は愛知県立芸術大学デザイン専攻を卒業、その後大学院にすすみました。現在はデザイナー・イラストレーターとして活動しています。本物の原画をみんなに見てもらいたかったので、何点か実物や、ドローイング(構想段階のスケッチ)を持って来ていただいて解説してもらいました...

夏期講習特別イベント「OB紹介」

お盆休みで帰省したOB達を募って、夏期講習特別イベント「OBの活動紹介ゼミ」を行いました。第一弾は愛知県立芸術大学出身のお二人にお越し頂きました!山田稔さん愛知県立芸術大学デザイン専攻卒業。グラフィック領域。学生時代のグラフィック、広告・映像・ピクトグラム・イラストレーションなどグラフィック系の作品を主に紹介していただきました。現在の仕事のお話や浪人時代のことなど生徒達も興味津々でした◎ 山田君はもと...

夏期講習【粘土】

 夏期講習【粘土】デッサン週間、色彩週間を経て、夏期講習も中盤です。今週は立体です。まずは粘土の課題に取り組みました◎●レクチャー未経験者も多いので、まずレクチャーを行いました。立体作品を制作する際のアイデアスケッチのコツや、フォルムの美しさ、粘土で実際に作り込んでいく様などをスライド・映像とともに学びます。●1日目 - モチーフ「ピーマン」課題に挑戦です。今回はピーマンを配布し、その要素を使って作品を...

夏期講習【色彩週間】

夏期講習【色彩週間】1週間を通して、幾何構成・イメージ構成・モチーフ構成、と色彩の基礎から振り返りました!昼夜間部問わず、よい作品が並び夏期講習会の中でどんどん成長しています◎●マジックペンと動物をモチーフとしたイメージ構成 連なっているハテナマークをアリの巣に見立てたアイデアが面白いですね。●「夏」をテーマにイメージ構成 水面に映った夏の文字と金魚の動きが軽やかに見えます。夏らしい色味がとても綺麗...

デザイン科夏期講習会

デザイン科夏期講習2週目スタートしています!講習会生も加わり、計36人に増えアトリエはとても賑やかです。気持ちも新たに、各々が真剣な眼差しで毎日の制作に向かっています。1週目は素描週間、2週目は平面週間、3週目は立体週間のカリキュラムです。先週は、コースに分かれ構成・静物・石膏デッサンに取り組みました。金魚鉢、スイカ、ひまわり、と夏らしいモチーフが並びました。午前中は良い光がアトリエに差し込んでき...