大学別課題

夏期講習早くも終盤戦です。油画科では夏期講習最終日の実力判定課題に向けて大学別課題に励んでいます。大学ごとに異なる課題の傾向や、求められる能力に合わせて対策していきます。こちらは愛知対策の人物油彩です。各々の目的に応じて表現していきます。こちらは東京芸大対策の油彩です。風に揺れるモチーフと、配布された詩を組み合わせて描く課題です。サイズも30号と大きなサイズです。いわゆる静物油彩とは異なる条件下で、...

油画科 夏期講習〜デモンストレーション〜

夏期講習も早いものであと1週間となりました!今回は愛知県芸の油画科の先輩方をお呼びし、入試のデモンストレーションとして、みんなと同じ課題で描いてもらいました。モチーフは愛知県芸の入試を意識したものです。素描は学部2年生の中西早織さん。油彩は学部2年生の伊藤美奈子さん。一緒に講評してもらいました!いつもの講評よりも、より客観的な意見をもらえたと思います。講評が終わった後は質問タイムでした。絵の作り方、...

夏期講習はじまりました

強い雨が多く日本が熱帯になるのでは、と不安な今日この頃です。しかし夏期講習は気候に関係なく始まりました。今日は個別課題です。各人の伸びを加速させる、もしくは弱点を潰すべく割り振られた課題です。静物デッサン構成デッサン石膏デッサンドローイング夏期講習は夜間部と昼間部が毎日同じ環境で制作出来る貴重な時間です。昼間部の仕事、夜間部の勢いにお互いに刺激を受けられるのではないでしょうか。冷静かつ勢いを持って...

油画科 一学期大詰め!

早いもので、一学期も残り2週間となってまいりました!古典技法週間が終わり、現在一人一人目的意識を持って制作に取り組んでいます。いつもの木炭紙の倍の大きさの、倍版と呼ばれるサイズでの静物デッサンをしました。2倍の大きさなので、普段とは違った新鮮な感覚で描き進められたと思います。この日は油彩でした。各々の目標をもって描きます。だんだん表現の種類が増えてきました。紐や鏡など、絵に利用出来る素材がたくさん...

油画科 有色下地&グリザイユ技法

暑くなってきましたね。油画科では毎年恒例の有色下地デッサンと、グリザイユ技法での油彩をやりました!有色下地デッサンでは、普段の白い紙に描くデッサンとは違い、コーヒーなどで染めた中間色の下地に、白のコンテや木炭、鉛筆を使って描きます。今回は紅茶とコーヒー、墨汁などで染めました。良い香り^^基本的に通常と同じデッサンのように進めていきますが、染めた中間色を、画面の色調の中のどこに設定するかが重要になり...

ドローイング大詰め

ドローイングゼミから早5日、アトリエが一変しました!!ドローイング週間ではアトリエに一人一人個人のスペースを作ります。大暴れですね。とにかく手を動かし、探っていきます。普段使ったことのない素材を使うと、発見がたくさんありますね。↑平面ではなく、立体ですが、これもドローイングです。ドローイングはただ「描く」のではなく、「探る」ことが重要です。自分の考えていること、気になることは一体何なのか、手を動かし...

ドローイングゼミ

初夏の訪れと共に、油画科にはドローイングの季節到来です。新年度が始まってからこれまで、基礎力を強化してきましたがこの日からドローイング週間に入ります。絵画には基礎的なデッサン力のみでなく、絵の具の造形や自分なりの表現が必要になってきます。それを思考し養えるのがドローイングです。今日はその導入としてのドローイングゼミです!ドローイングの解説ドローイングと一言で言えど、その位置づけは曖昧です。ドローイ...

授業後クロッキー

昼は暑く夜は涼しい、体調管理の難しい季節ですね。油画科では週末の授業後、クロッキー会を行っています。クロッキーは、一学期に強化したい基礎力に直結します。みんなで交代でモデルをしながらひたすら描きます。人体は身近でありながらも最も複雑なモチーフのひとつです。正確さ、動き、量感など各々テーマを設けて力をつけましょう!...

2017年度始動〜!

桜もあっという間に散りました。新学期、始まっております!油画科の初日は質感の差が分かりやすいモチーフのデッサンです。新しい面々も増え人数が多く、囲みモチーフですが本番くらいの人口密度でした。これから基礎力を養い、様々な技法・材料に触れて表現の幅を増やしていきます。成長の一学期にしましょう!...

✳️県芸入試前日✳️

愛知県芸一次試験、ついに明日に迫ってまいりました!いよいよです!アトリエには心地よい緊張感があります。完成度の高いデッサンがぐっと増えました。最後の一枚まで力を抜かずにがんばります。毎日の一枚一枚が本番だったと思います。受験会場で、毎日の本番の「一枚」を置いてきてほしいなと思います。明日のデッサンが受験生最後の一枚になるでしょう。良い一枚になるといいですね。^^...

油画科 直前大詰め!!

東京芸大受験三日前を迎え、直前講習も大詰めとなってまいりました!!毎日が本番を意識しての制作になります。それからか冬期よりも絵の完成度が上がってきたように感じます。この日はF15号の人物油彩とF30号の想定油彩でした。東京芸大ではスケッチブックも試験課題の1つになります。ドローイングを重ね、画面に自分のイメージを定着させます。自分の納得出来る所まで練り上げていきます。あと残りわずかですが、気を引き締めて...

油画科 新年スタート

新年あけましておめでとうございます!!外では寒風が吹いていますが、アトリエ内はみんなの熱気で満ちております。センター試験を間近に控え、油画科内の空気もピリッとして参りました。普段使い慣れたF15号ではなく、F30号での制作です。面積が広い分、筆を乗せる感覚や絵の具の量がかわってきますが、のびのびと筆を動かしています。絵は画面に描かれているものだけでなく、それに至る過程も重要になってきます。ドローイングで...

毎年恒例県外ツアー!(in大阪・京都)

冬の空気になってきましたね。今年も天候に恵まれて、油画科 県外ツアーへ行ってきました!今年も去年に引き続き京都,さらに大阪へ足を運びました。一日で愛知から大阪、京都とかなりの弾丸ツアー。忙しい時期ですが、この時期にたくさんの作品を見る事はきっと制作に影響します。▲京都は街並も魅力的です。大阪国立国際美術館/京都芸術センター/京都市美術館/京都市立芸術大学ギャラリー@KUA etc...ルネサンス絵画から若冲、現...

油画科 夏期講習始まりました!

梅雨も明け、夏本番も間近ですね。油画科では夏期講習が始まりました。夏期講習中は基礎科の生徒も油画科と一緒に制作します。夜間部の生徒も夏休みなので一日中みっちり制作ができます。人数も増え賑やか、アトリエはぎっしりです。夏期講習最初の課題は油画科初のトルソーです。おおきい!トルソーが並んだ様子は迫力がありました。石膏デッサンから始まり構成デッサン、ドローイングなど幅広く触れていきます。きっかけを見つけ...

ドローイング週間!

夏の日差しになってきましたね。油画科ではドローイング週間でした。描いて、描いて、たくさん描きます。ドローイング週間中はアトリエに個人のスペースを作って制作します。大学のようです。ドローイングゼミも行いました。先輩の作品や参考作品の紹介にみんな興味津々です。ドローイングをすることは絵の構成や絵の具へのアプローチを試したり、日頃考えていることを形にしたりと様々な発見に繋がります。ドローイングの方法や目...

順調に新学期始まっております!

熱かったり寒かったり気候の難しい今日この頃ですね。油画科は順調、今年度もにぎやかになってきました!さっそくの油彩です。1学期にはドローイングや細密画、屋外への取材など様々な体験を積んでいきます。経験を日頃の制作に還元していきましょう。画材も増えてきましたね。ときに画材は自分の想定外の魅力を出してくれることがあります。たくさんの素材に触れて、いい作品を見て、面白い人の話を聞いて、経験値を増やして自分...

3/21 愛知県芸合格発表!

本日3/21 国公立大学後期試験、愛知県立芸術大学の合格発表をもちまして本年度の入試がすべて終了しました。油画科の生徒5名が見事合格を果たしました!普段から仲の良い昼間部生がそのまま春から同窓生になります!少人数予備校ならではのアットホームな雰囲気のまま、厳しい入試直前期も乗り切ることができました。以下、本年度の結果です。東京藝大油画科 受験者5名中→1次合格3名→最終合格1名!愛知県芸油画科 受験者6名中→...

直前講習はじまりました

暖冬とはいえ流石に寒くなって来た今日この頃、今年ももうセンター試験も終わり直前講習の真っただ中です。この日は今年の東京芸術大学の入試に合わせF30号の油彩の制作です。これまで慣れていたF15の倍くらいある画面を食らいついて仕上げて行きます。画面が大きいため制作時間も長く、ドローイングなどでスケッチブックも同時に扱います。このようにこれまでとは少し違った感覚で書く部分も多い30号ですがこれまでと少し違う...

冬期講習!

冬期講習も終盤戦です。油画科では少し久しぶりの人物デッサンです。この日は天気もよくカーテンを締めての柔らかい日差しが印象的でした。人物デッサンでは基礎的なデッサン力やそれでなお人物らしい柔らかさも必要になってきます。更にその中で独自の表現を模索する人もいます。どんなモチーフや課題でもそのモチーフの魅力を引き出してなお自分の魅力も見せられると強いですね。...

京都ツアー!快晴!

油画科毎年恒例の県外ツアーの季節です!今年は京都に行ってきました。受験生となるとなかなか遠くへ足を運べないので県外ツアーは良いリフレッシュ、新鮮な情報収集の時間となるのではないでしょうか。京都市美術館・京都国立近代美術館で60周年である琳派展、フェルメール・レンブラントを観ました。今回の京都ツアーでは今まででは足を運ばなかった寺にも行ってきました!絵を見ると行ったら美術館と思いきや、お寺にも国宝の...

油画科 ミニギャラリーツアー

この日は制作&講評終了後、油画科昼間部の有志数名で研究所からすぐの市民ギャラリー矢田で開催されている「P−P−P−P展」へ鑑賞ツアーへ行ってきました。「PーPーPーP展」とは、愛知県立芸術大学の設楽研究室を卒業した生徒の皆さんによる絵画展。出品者の中には、ゾネ美での講師経験もある木全佑輔さんも出品中。細部までじっくりと観察してますね。やはり実物を見ると、細かいマチエールや油絵具独特の質感など気づくことも多い...

油画科 真夏の特別レクチャー

夏期講習会も前半戦、真っ最中です。昼間部夜間部ともに、朝から夕方までみっちり制作に打ち込める貴重な期間です。ですがゾネ美の夏期講習は制作だけではありません!アート全般にまつわるレクチャーや特別講義も行われ、大学へ入ってからも役立つ知識や見聞を広げてもらいます。今年はスペシャルゲストとして、水野里奈さんをお迎えして自作についてみっちりと語っていただきました。水野里奈さんは、昨年多摩美術大学 大学院を...

油画科夏期講習スタート!

今年も夏が来ました!いつの間にかアトリエでも蝉の声が聞こえます。今日は構成素描です。組モチーフがないのでアトリエが広く感じるし暑苦しくなくていいですね。配布されたモチーフをきっかけに各々の画面を作ります。モチーフの加工や解釈の仕方の幅が広いので組モチーフや人物を見て描くときときっかけ探しの感覚が少しだけ違います。同じモチーフを配布していますが人によってずいぶんと違った表情が見られます。加工の仕方で...

一学期も佳境!素描コンクール

最近は天気の悪い日が続きますね。雨のじとじとにも負けずに制作です!今日の油画科は素描コンクールです一学期の素描の成果を出せるでしょうか!シンプルですが影がきれいだったり丹念な描写が鍵になりそうだったりと特徴的なモチーフです。コンクールは席を抽選して始まり、点数・順位も出ます。いつもと少し違った緊張感があります。まだまだ試験本番は先…と思いきやコンクールの回数は少ないし意外とあっという間です!今回の...

油画科 恒例のドローイングゼミ&ドローイング週間

一学期は基礎的なデッサン力や描写力の強化に重点を置いて進行しています。ただし、基礎力のなかにはデッサン力/描写力のほかに“絵画表現能力”というものもあります。その力を養うためにも、毎年恒例となっているのがドローイングゼミ&ドローイング週間です。まずは、ドローイングとは?その目的は?を理解する為のゼミから始まります。とは言え、簡単に一言で説明しきることができないのがドローイング。描くことすべてがドロー...

細密表現大詰め!

5月も中旬、夏の日差しを感じる日も増えてきました。でもまだぎりぎり爽やかで気持いいですね。油画科ではのめり込むほどあつあつな細密表現研究を集中的にしています。今日はテーマ・構図を自分で考え、細密表現を取り入れることが条件になっています。これまで模写や静物の細密表現をしてきたことから得たことを自分なりに消化しようとしていて細密でもみんなの画面のバリエーションが豊かです。いつものイーゼルとは違って平置...

油画科 2015年度 一学期順調に進行中!

更新遅れました!油画科です。雨の多い4月とGWも過ぎ、5月だというのに暑い日が続きますね。油画科、本年度も順調に制作も進んでいます。新しい仲間ともようやく馴染んできたころと思います。一学期はこれからも内容盛りだくさんです。通常課題の素描や油彩はもちろん、今後はドローイングや動物園、材料研究など様々なゼミが行われる予定です。GW開けのこの日は、スタンダードな静物油彩。モチーフとその場から反応し、各自の視点...

東京一次試験まであと一週間です

早いもので藝大の一次試験まであと一週間です!春から見守ってきましたが、皆それぞれの自分の中の課題に向き合い取り組んできた成果がようやく実ってきたように思います。昨日は人物デッサンでした。堂々としたポーズといい出で立ちといいインスピレーションを掻き立てられるモデルさんですね・・・愛知・金沢組はデッサンを、東京組は絵画表現を重視して絵作りしています。描き所の多い楽しいモデルさんだったこともあり、写真で...

冬期講習会お疲れさまでした!

何かと予定を詰めてしまう年末年始ですが、ゾネ美は今年も冬期講習で、12日間朝から晩まで大忙しでした。この時期になるとだんだんと入試の緊張感が高まってくるのか、春から実験してきた絵具の仕事に方向性が見えて来たりみせたい事がだんだんと表現できるようになり、絵が纏まってくるように感じます。今年の子達も冬期講習でなにか切っ掛けがつかめたでしょうか?この日は人物油彩でした。冬期講習は昼間部・夜間部合同なので人...

油画科 秋の県外美術鑑賞ツアー

毎年恒例の秋の美術鑑賞ツアー!今年は岐阜県の養老天命反転地と、岐阜県美術館で開催中の「熊谷守一展」に行ってきました。岐阜県はお隣の県。近場ではありますが、その分鑑賞の時間をたっぷりと過ごす事ができることがいいですね。養老天命反転地は、養老の滝で有名な岐阜県養老町にある巨大なランドアート。世界的アーティスト荒川修作氏とそのパートナーで詩人のマドリン・ギンズ氏の30数年に及ぶ構想を実現した、身体で直接体...